top of page

3つのサポート

各種検査やサプリメントのとり方など、皆様に寄り添いサポートいたします。

具体的な要素

学ぶ

自分で正しい判断をできるようになるためには、身体の仕組みや栄養素の働きについて理解を深めることが大事です。

​自分と、自分の大切な人を守るために、ともに学びましょう。

 

代表的な栄養素として、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などがあげられます。

その栄養素を利用する命の営み、つまり食事 → 嚥下 → 消化 → 吸収 → 代謝(分解・合成)→ 排泄」という一連の流れを栄養といいます。おおきくは、地球上の生物すべてが行っている生命現象の営みともいえます。

食べたものがエネルギーになり、身体をつくり、身体の調子を整えます。

■講演会・勉強会

どなたでも参加可能な講座や、参加者のご要望に合わせた少人数の講座をはじめ、さらに詳しく学びたい方のための講座が用意されています。

​お問い合わせはこちらへ →nakayama20190706@gmail.com

 

→ KYBクラブLINE公式アカウント

講演会などのイベント開催情報や動画コンテンツの配信情報をお知らせいたします。​QRコードよりお友達追加お願いします。

line_oa_chat_220614_150815.jpg
​知る

血液成分は身体の状態を反映して常に変化しています。この仕組みを利用して、血液検査により健康状態を知ることができます。

69項目の血液検査結果とAI技術を用いた多面的評価により疾患のリスクを予測可能になりました。

評価項目を5つに分類し、さらに血液検査項目では10の関連項目に分け、それぞれをA~Eの5段階で評価します(特許申請中)。

【10の関連項目】タンパク質関連項目/血糖関連項目/脂質関連項目/貧血関連項目/炎症・免疫関連項目/酸化ストレス関連項目/酵素関連項目/ミネラル関連項目/腎・尿関連項目/唾液検査

検査結果からより正しく判断するためには、

異常値が出るメカニズムを理解すること

単独の項目で判断するのではなく関連項目をみること、

経時変化をみることが大事です​。

これにより、さまざまな健康リスクの早期発見(小さな変化)・予防が可能になります。

■KYBクラブの推奨する項目の血液検査を受けるためには、メンバー登録をしていただくことをお勧めします。

■検査結果について、医師による診断結果をもとに、医師や管理栄養士による栄養相談をうけることができます。

一般的な栄養学は、欠乏症の予防・改善を目的としますが、分子整合栄養学では、身体の状態を総合的に判断し、年齢・性別・健康状態・消化吸収能・体質など、個体差を考慮したアプローチを行います。

 

火事のとき消防車を呼ぶのが現代医療、燃えた家を建て直すのが栄養療法といえます。

■ご提供するサプリメント(60製品以上)の特徴

.医学的・科学的・分子整合栄養学的根拠に基づく製品設計

▷体内で必要に応じて活性化され、安全性の高い前駆体のかたちで配合

▷自然界で共存する他の栄養素と組み合わせて配合

▷副原料の使用は必要最低限に

▷人工保存料・人工着色料不使用

.高濃度の有効成分量を賞味期限まで100%保証

.徹底した原材料と安全性へのこだわり

​■株式会社ケンビファミリーウェブサイト kenbi-family.jp

24100302_m.jpg
bottom of page